読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びの幅は無限大。

f:id:sosiga:20170107150941j:plain

昨年忘年会でボードゲームして来ました。

 

 

4年半ぶりに会う友人に

大阪のボードゲームショップに連れてってもらいました。

いつも行ってるカードショップのボードゲームVer.ですね。

行った時間が遅かった為今回は2種類のゲームをして来ました。

 

 

・カフナの島々

橋を使って12の島を奪い合う陣取りゲーム。

優勢に見えても島を繋ぐ橋を破壊されると

そこから連鎖のように島を奪われる、

単純ながらも面白いゲームでした。

相手の引いたカードがある程度わかるので、

先読みしながらの攻防が面白かったです。

 

 

・花見小路

場の芸者カードを相手より多く自分に引き寄せるゲーム。

1~4のアクションカードを使い、あの手この手で芸者の心を

自分に向けさせます。

最初に1枚除外、アクション1でそれぞれ最後まで1枚ずつ除外するので

読み合いに加え運の要素も多少絡みます。

少ないながらも戦略要素もあり中々面白かったです。

また、使用するカード枚数が少ないのでサクッと出来ますが、

勝敗はそこそこもつれる仕様。

単純ながらも結構白熱しました。

このゲームは何よりゲームの空気感がマッチしてましたね。

道具を使って芸者の心を自分に向けさせるという、

地味にリアリティのあるゲームでしたw

 

 

最初友人共にルールがわからなかったんですが、

店員がわかりやすく教えてくれて結構白熱しました。

 

また、今回やったのはこの2種類ですが、

店には様々なゲームが山のようにありました。

この世の中には本当にたくさんのゲームがあるんですねぇ。

 

 

普段はカードをメインで行っている僕ですが

たまにはこういうゲームをするのも楽しいですね。

機会があればまた行きたいです。